新型コロナウイルス対策・告示事項

コロナ感染症対策の内容を段階的に再開しています(01/04)

これまで新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策をとりつつ、段階的に開堂、縁日には露店の出店と、少しずつ元に戻ってきています。しかし、コロナウイルスの脅威が終息した訳ではありませんので、何かあれば直ぐに中止となります。実際に大阪市内で非常事態宣言等が出ている期間中はイベント事は中止となる事が多いです。その時々でご参拝される方の健康と安全を第一に考えて対策と予防を徹底したいと思っております。ご不明な点などあれば四天王寺に電話でご連絡ください。

ご参拝される皆様におかれましてもコロナ対策のマナーを守って、ご協力くださいますようお願いいたします。

また、最近は合祀墓(納骨総祭塔)へのお納骨の申し込みが増えており、受付けにお並びいただくのに密となったり、寒い屋外では辛いことだと思いますので、以前まで休憩所として利用していました場所を「特設の納骨受付所」として利用しています。
時間も午前8時半~午後4時までとなります。午後4時に閉まりますので、午後3時頃にお越しいただけると良いでしょう。

どうぞ以下の注意事項をお読みください。
ご質問等あれば、お気軽に四天王寺までお電話ください。06-6771-0066(午前9時~午後4時迄)

ご参拝の際の注意事項(01/04)

中心伽藍を含む各お堂の開門時間は午前8時半~午後4時です。境内入口の各門は24時間通行可能です。

四天王寺境内へのお車での乗り入れは、可能です。但し、週末は込み合います。
境内、六時堂横には参拝される方のみ無料で駐車可能ですが、当寺の行事や都合でお車を動かしていただく場合があります。
境内法要で車両移動のお呼びだしをする事もありますので、車を停めたままお寺の外に出ていかないで下さい。

1月20日(午後)~22日は車両進入ができなくなります。
コロナ対策で露店が出ない場合も、毎月21日と22日は境内進入不可となります。

コロナ対策で中止していること(01/04)

1月の蚤の市は日本国内のコロナ感染状況により中止の可能性もあります。近日中にお知らせいたします。
1月の大師会、太子会の露店出店は予定はしていますが、コロナ感染状況により、中止の可能性もあります。

参禅会は期間未定で中止。仏教文化講演会は11月21日に予定しています。以降は未定。

南休憩所、和労堂、庭園の茶所については、当面の間 再開未定です。

五重塔は密集した空間にあたるので、引き続き 内部拝観はできません。

手水舎以外の不特定多数の方が触れる 転法輪、南鐘堂の吊り鐘、びんずる尊者 等は使用不可。


今後の状況により上記予定も変更となる可能性がありますが、皆さまには何卒引き続き、ご理解ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

和宗総本山 四天王寺