お知らせ

NEW 2020.07.08 更新
 7月9日の納骨総祭塔供養法要は無参拝者法要となります。ご参列はできません。
 ※法要の様子は、オンライン法要(ライブ配信)でご視聴いただくことができます。

  法要のライブ配信は7月9日、14時厳修~約45分程 四天王寺ツイットキャスティングで無料でご覧いただけます。

NEW 2020.07.07 更新
 7月1日より、お参りの方の車両進入、六時堂裏への停車が可能となっています。
 ※7月1日より、お堂の開門時間は通常の夏時間 8時半 ~ 16時半です。(六時堂は18時迄)

 ※ご供養や納骨の際の読経は、お申込みは可能ですが、無参拝者法要となります。法要には立ち会えません。
 ※お経木流しはできません。お堂にてお預かりし、後ほど責任をもってお流しいたします。
 ※上記以外にも注意事項がございます。詳しくはコチラをお読みください。ご了承ください。

新型コロナウイルス感染症の予防策をとりつつ、再開しています(7/10)

 

 この度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による緊急事態宣言の発令を受け、四天王寺は境内の施設、堂塔・休憩所・宝物館・庭園、そして墓地区画に至るまで、徹底した感染予防の対策を実施してきましたが、令和2年7月10日現在では、ご回向、ご祈祷、お納骨、永代供養のお申込みも再開しており、少しずつ元の状態に戻ってきています。

 しかし、六時堂、北鐘堂、金堂でのご回向につきましては、堂外での受付、ご回向には立ち会えない、お経木はこちらで預かった後に代理でお流しさせていただく、という状態ですので、ご了承ください。

 また、転法輪、釣り鐘、霊苑のバケツ、びんずる尊者など、不特定多数の方が手に触れるものに関しては、コロナ感染予防の為に使用不可、密閉した空間の五重塔や休憩所も閉堂としていますが、毎日の読経によるお勤めは、当山僧侶が巡回し、欠かすことなく行っていますのでご安心ください。

 密集している四天王寺にご参拝いただくのが不安な方の為に、ご先祖供養やご祈祷も郵送にて常時受け付ける体制を築いています。お寺として、四天王寺として、この逼迫した厳しい状況の中、出来うる限り皆様の祈り・真心に応えていくよう尽力してまいります。※郵送でのご依頼は本ページ下段をご覧ください。

 これからも、しばらくの間は厳しい期間が続くと予想されます。四天王寺は、皆様がたの健康と安全を第一に祈り、この事態の早期終息を願います。また落ち着きを取り戻しましたら、皆さまに参拝していただき、以前のように様々な縁を結ぶ信仰の場としてくださるようお願い申し上げます。

和宗総本山四天王寺

令和2年7月10日

新型コロナウイルス対策・告示事項

NEW 2020.05.28 開堂の日程が決定しました。

令和2年6月8日(月)から 各堂宇 再開します

これまで新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、四天王寺では境内全域を閉鎖いたしておりましたが、この度、段階的に閉鎖を解除することになりました。
但し、コロナ感染症対策のため、境内への車両進入不可 等の注意事項がございます。どうぞ詳しい説明をご覧ください。

①令和2年 5月25日(月)より
四天王寺霊苑、納骨総祭塔(合同墓)の閉鎖を解き、お墓参りが可能となります。

②令和2年 6月8日(月)より
境内の各堂宇を開堂し、それぞれの受付を再開します。納骨、永代供養のお申込みも可能となります。

③令和2年 8月末までは、大師会、太子会、骨董市、わつか市、参禅会、仏教文化講演会は継続して中止。

法要・行事の予定

NEW 令和2年6月の予定

新型コロナ感染防止対策のため、6月中は堂内にてのご随喜は不可

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、6月7日(日)までは、境内全域のお堂を閉鎖しています。

6月8日(月)に再開したとしても、新型コロナウイルス感染症の脅威が残っている間は、法要に関するご随喜(ずいき = 法要にご参列されること)は、状況によって中止や、堂外でのご随喜、または無参拝者法要(僧侶のみでお勤め) などの対応を取らせていただきます。各法要の詳細はこちらをご覧ください。

法要、行事やお布施に関して不明な点がありましたら、四天王寺までお問合せください。
電話06-6771-0066(午前10時~午後3時迄)

盂蘭盆会 万灯供養法要、盆踊り大会は中止となります

NEW 2020.05.09 万灯供養法要、盆踊り大会は中止となりました
お盆の期間中、夕刻より中心伽藍にて毎日1万本以上のローソクを灯して供養する「万灯供養法要」はコロナ感染予防の対策として、中止いたします。
万灯ローソクの販売も今年はございません。また、盆踊り大会も今年は中止となります。

NEW 2020.05.09 献灯燈籠の申し込みは郵送にて受付開始しています
お盆の期間中、各お堂に奉納する献灯燈籠は、6月8日以降はお堂にて受付ける予定ですが、先行して郵送での受付を開始しています。ご案内状+申込用紙のダウンロードはこちら←右クリックで「対象をファイルに保存」

郵送でのご依頼

四天王寺のお堂が閉まっている間も、少人数ではありますが堂内にて僧侶がお勤めをしておりますので、郵送にて ご先祖供養や、ご祈祷、授与品(お守りや参拝記念品)のお申込みを受け付けています。郵便局より現金書留にてお送りください。

現金書留でのお申込み方法
現金書留には、現金と一緒に お堂名、申込内容、施主名(申込者)、供養するご戒名(霊名)、ご祈祷の依頼などを記載したお手紙やメモを同封することができます。

下記住所(四天王寺)迄 お送りください。
〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
総本山四天王寺 〇〇堂
 ←お堂名や内容が分かれば記載してください。
※現金書留の送料はお支払いください。
※直接、四天王寺本坊までお越しになっても 受付できません。